報道発表

日・ジャマイカ外相会談

平成28年12月13日

英語版 (English)

  • 日・ジャマイカ外相会談1
  • 日・ジャマイカ外相会談2
  1.  本13日午後4時10分から約15分間,岸田文雄外務大臣は,国際女性会議(WAW!2016)に参加するために訪日中のカミーナ・ジョンソン=スミス・ジャマイカ外務・貿易大臣(Senator Honourable Kamina Johnson Smith, Minister of Foreign Affairs and Foreign Trade of Jamaica)と外相会談を行ったところ,概要以下のとおりです。

    1 冒頭

     岸田大臣から,ジョンソン=スミス大臣の訪日を歓迎するとともに,昨年安倍晋三内閣総理大臣がジャマイカを訪問した際に両国で発表した「日・ジャマイカ・パートナーシップに関する共同声明(J-Jパートナーシップ共同声明)(PDF)別ウィンドウで開く」を着実にフォローアップし,二国間関係及び日・カリコム関係を強化していきたい旨,また,WAW!2016への出席に感謝するとともに,有益な議論ができることを期待する旨述べました。ジョンソン=スミス大臣は,WAW!2016への招待に感謝する旨述べました。

    2 日・ジャマイカ二国間関係

     岸田大臣から,「J-Jパートナーシップ共同声明」の着実な履行として,防災や省エネルギー・再生可能エネルギー導入推進に向けた協力等により,持続可能な発展の実現に引き続き共に取り組みたい旨,また,両国間で政府レベルのみならず,地方・大学レベル等様々な交流が発展していることを歓迎する旨述べました。ジョンソン=スミス大臣からも「J-Jパートナーシップ共同声明」の三本の柱を引き続きフォローアップし,協力を更に深化させたい旨述べました。

    3 国際社会の諸課題の解決に向けた協力

     両外相は,国連安保理改革等について意見交換を行い,国際社会の諸課題の解決に向けて引き続き協力していくことで一致しました。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る