報道発表

セネガルに対する2件の無償資金協力に関する書簡の交換

平成28年9月21日

  1. 1 9月20日(現地時間同日),セネガルの首都ダカール市において,我が方北原隆駐セネガル大使と,アマドゥ・バ経済・財政・計画大臣(H.E.Mr Amadou BA, Minister of Economy, Finance and Planning)との間で,以下2件の無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    (1)ダカール港第三埠頭改修計画(供与限度額:39億7,100万円)
    (2)食糧援助(供与額:4億1,000万円)

    2 各案件の概要は以下のとおりです。

    (1)ダカール港第三埠頭改修計画(供与限度額:39億7,100万円)
     この協力は,ダカール港において主にマリ向けバルク貨物を扱う第三埠頭の改修を行うものです。同港におけるマリ向けの貨物取扱量は近年拡大している一方,同埠頭の老朽化は著しく,一部崩落の危険性も示唆されています。この協力により,ダカール港を経由するマリ向け物流の拡大を図り,もってセネガルの持続的成長の後押しとマリの食料安全保障に寄与することが期待されます。

    (2)食糧援助(供与額:4億1,000万円)
     この協力は,セネガルの食料及び栄養上のニーズのある人々に対し,コメ等の食料を供与するものです。同国では食料消費の70%が穀物である一方,国内の穀物生産量は降雨量の変動等により年間各差が大きく,慢性的な生産不足に陥っています。この協力により,同国の食料安全保障を改善するとともに開発課題の解決を図り,もって人道支援を通じた二国間関係の強化に寄与することが期待されます。

    (参考)セネガル共和国基礎データ
     セネガルは,国土面積約19.7万平方キロメートル(日本の約半分),人口1,467万人(2014年,世界銀行),人口1人当たりの国民総所得(GNI)は約1,040米ドル(2014年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る