報道発表

OECD開発援助委員会による2015年の各国ODA実績(暫定値)の公表

平成28年4月13日

  1.  本13日,経済協力開発機構(OECD)開発援助委員会(DAC)事務局が2015年(暦年)の各国のODA実績(暫定値)を公表しました。主要点は以下のとおりです。

    1 我が国のODA支出総額(グロス)実績は,ドルベースで前年比3.6%減の151億4,603万ドル(円ベースでは1兆8,327億円(前年比10.2%増))となり,米国,ドイツ,及び英国に次ぐ第4位となりました(前年第4位)。また,支出純額(ネット)実績では,ドルベースで前年比0.6%増の93億2,024万ドル(円ベースでは1兆1,278億円(前年比15.0%増))となり,DAC加盟国の中で,我が国は,米国,英国,及びドイツに次ぐ第4位(前年第5位)でした。

    2 円ベースでのODA実績は,無償資金協力,技術協力,有償資金協力,多国間援助(国際機関への出資・拠出等)のいずれの援助形態においても前年比で増加しました。他方,為替がドル高円安方向に推移したことにより,ドルベースでのODA実績は概ね前年並みの水準となっています。

    3 ODA(支出純額)の対GNI比については,DAC全体の平均で0.30%(昨年は0.30%),我が国は0.22%(昨年は0.19%)となっています。これはDAC加盟28か国中,第18位(昨年第18位)です。

     なお,DAC加盟28か国のODA実績合計(支出純額)は,前年比4.1%減(名目ベース)の1,316億ドルとなりました。

    (参考)DAC指定為替換算レート

    • 2014年:1ドル=105.8475円
    • 2015年:1ドル=121.0023円

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る