報道発表

黄川田外務大臣政務官とデシルバ・スリランカ外務副大臣との昼食会

平成28年3月22日

  • 黄川田外務大臣政務官とデシルバ・スリランカ外務副大臣との昼食会
  1.  本22日午後0時15分から約75分間,黄川田仁志外務大臣政務官は,訪日中のハルシャ・デシルバ・スリランカ民主社会主義共和国外務副大臣(Hon. Dr. Harsha de Silva, Deputy Minister of Foreign Affairs, the Democratic Socialist Republic of Sri Lanka)を招いて,昼食を交え意見交換を行ったところ,概要以下のとおりです。

    1 冒頭,黄川田政務官から,インド洋の要衝であるスリランカとの関係を引き続き重視し,新政権の新たな国造りの努力を引き続き後押ししていく旨述べました。これに対し,デシルバ副大臣から,これまでの日本の支援に謝意を述べるとともに,今後,昨年10月に発出された「包括的パートナーシップに関する共同宣言(PDF)別ウィンドウで開く」をしっかりフォローアップし,海洋安全保障,貿易・投資等,経済関係の強化をはじめ,日本との二国関係を一層強化したい旨述べました。

    2 黄川田政務官から,新政権がスリランカが着実な経済成長を遂げる中,両国間の貿易・投資を一層拡大したい旨述べました。これに対し,デシルバ副大臣から,新政権における投資・貿易拡大に向けたコミットメントを改めて表明するとともに,日本からの一層の投資支援への期待感を表明しました。

    (参考)
     ハルシャ・デシルバ外務副大臣は,3月20日から3月26日まで外務省の戦略的実務者招へいにより訪日し,経済分野を中心に,政府・民間の関係者との意見交換を行う。
     訪日歴・会談歴なし。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る