報道発表

TICAD VI推進合同対話

平成27年12月22日

  1. 1 本22日,外務省において,TICAD VI(第6回アフリカ開発会議)推進合同対話が開催されました。

    2 この会合には,丸山則夫外務省アフリカ部長のほか関係省庁・機関の幹部,また,経済団体,民間企業,国際機関,市民団体,有識者,その他アフリカ関係団体等約90名の幅広い関係者が出席しました。

    3 会合では,政府側から2016年にケニアで開催されるTICAD VIに向けた準備状況について説明を行うとともに,日本企業,市民団体,有識者を含むオールジャパンでの取組の在り方について,関係者との議論を一層深めていきたい旨述べました。

    4 出席者からは,初のアフリカ開催となる次回TICADに向けたオールジャパンでの取組の必要性と,かかる取組が日本だけに留まらずアフリカを含む国際社会全体を取り込むような成果につながることに対する期待が表明されました。また,出席者からは,日本とアフリカとの関係強化に向けて協力していきたい等の発言があり,今後とも引き続き情報共有・意見交換を積極的に行い,TICAD VIの成功に向け連携を強化していくことを確認しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る