報道発表

ラオスに対する無償資金協力に関する交換公文の署名

平成27年11月24日

  1. 1 本24日(現地時間同日)ラオス人民民主共和国の首都ビエンチャンにおいて,我が方岸野博之駐ラオス大使と先方センペット・フンブンニュアン外務副大臣(H.E. Mr. Sengphet HOUNGBOUNGNUANG, Vice Minister of Foreign Affairs)との間で,無償資金協力に関する交換公文の署名が行われました。

    2 対象案件の概要

    国道九号線橋梁改修計画(詳細設計)(the Project for Reconstruction of the Bridges on the National Road No.9 (Detailed Design))」(供与限度額:7,000万円)

     この計画は,東西経済回廊の一部を構成する国道九号線上において,劣化が進行したセクムカーム橋とセタームアック橋の改修を実施することにより,国道九号線の安全かつ安定的な交通の実現を図り,国道九号線周辺地域及び東西経済回廊の経済・社会インフラ整備に寄与するものです。

    (参考)ラオス人民民主共和国基礎データ
     ラオス人民民主共和国は,面積約24万平方キロメートル,人口約670万人(2014年),一人当たり国民総所得(GNI)は1,600ドル(世界銀行,2014年)


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る