報道発表

日・ミャンマー間の二国間クレジット制度に関する二国間文書の署名

平成27年9月16日

  1. 1 本16日(現地時間同日),ミャンマー連邦共和国において,樋口建史駐ミャンマー大使とテッ・テッ・ジン環境保全・林業副大臣(Dr. Thet Thet Zin, Deputy Minister for Environmental Conservation and Forestry of the Republic of the Union of Myanmar)との間で,二国間クレジット制度に関する二国間文書(英文(PDF)別ウィンドウで開く仮訳(PDF)別ウィンドウで開く)の署名が行われました。

    2 我が国は,ミャンマーとの二国間クレジット制度を通じて,ミャンマーにおける温室効果ガス排出削減に協力することにより,温暖化防止に向けた国際的な努力に貢献していく考えです。

    (参考)二国間クレジット制度
     二国間クレジット制度は,日本から途上国への温室効果ガス削減技術,製品,システム,サービス,インフラ等の普及や対策を通じて,実現した温室効果ガス排出削減・吸収への日本の貢献を定量的に評価し,日本の排出削減目標の達成に活用するものです。二国間クレジット制度の構築は,これまでモンゴル,バングラデシュ,エチオピア,ケニア,モルディブ,ベトナム,ラオス,インドネシア,コスタリカ,パラオ,カンボジア,メキシコ,サウジアラビア及びチリの14か国との間で行われています。

    (参考サイト)


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る