報道発表

フィジーに対する無償資金協力「中波ラジオ放送復旧計画」に関する書簡の交換

平成27年8月31日

  1. 1 本31日(現地時間同日),フィジーの首都スバにおいて,我が方花谷卓治駐フィジー大使と先方バイニマラマ・フィジー首相(Rear Admiral (Retired) Josaia Voreqe BAINIMARAMA, Prime Minister of the Republic of Fiji)との間で,総額8億6,500万円の無償資金協力「中波ラジオ放送復旧計画」に関する書簡の交換が行われました。

    2 フィジーは,約330の島々から構成され,国土が広大な地域に散らばっています。また,地震による津波災害や,サイクロンに伴う洪水・土砂災害等といった気候変動の影響を大きく受ける国です。

    3 今回の協力は,離島部を含めたフィジーの国民に対して災害情報等を確実かつ迅速に伝達する手段として,中波ラジオ放送の復旧を図ることにより,同国の災害対応能力の向上に寄与するものです。

    4 今回の協力は,本年5月22日及び23日に福島県いわき市において開催された第7回太平洋・島サミットにおいて,我が国が支援を表明した重点分野である「防災」に資する協力として実施するものです。

    (参考)フィジー共和国基礎データ
     フィジーは,面積18,270平方キロメートル(四国とほぼ同じ。),人口約88万1千人(2013年,世界銀行),1人当たり国民総所得(GNI)は4,430米ドル(2013年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る