報道発表

ニジェールに対する無償資金協力に関する書簡の交換

平成27年7月21日

  1. 1 本21日(現地時間7月20日),ニジェール共和国の首都ニアメ市において,我が方川村裕駐ニジェール大使と,カネ・アイシャトゥ・ブラマ外務・協力・アフリカ統合・在外ニジェール人大臣(H.E.Ms. Kané Aïchatou Boulama, Minister of Foreign Affairs, Cooperation, African Integration and Nigeriens Abroad)との間で,供与額2億円の無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 同国は,国土の約3分の2を砂漠に覆われ,干ばつや洪水被害にも見舞われやすく,外部環境や天候に左右されやすい脆弱な経済構造となっており,世界でも有数の高い人口増加率等を背景に世界最貧国の一つとなっています。また,近年はボコ・ハラムの活動が活発化する近隣諸国からの難民・帰還民の流入により,北部や南東部を中心に食糧不足及び基礎的社会サービスの欠如が深刻化しています。

    3 我が国は,2013年6月に開催された第5回アフリカ開発会議(TICAD V)において,対アフリカ支援策の基本理念である「人間の安全保障」の推進を表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,本件支援によって,同国の国際収支及び外貨準備高の状況を改善するとともに,貧困対策及び基礎インフラの開発に寄与することが期待されます。

    4 本年6月18日,イスフ・マハマドゥ・ニジェール大統領(H.E.Mr. Issoufou Mahamadou, President of the Republic of Niger)が実務訪問賓客として来日した際の安倍晋三内閣総理大臣との共同記者発表(PDF)別ウィンドウで開くにおいて,安倍総理大臣から同国の経済社会開発を支援するための資金協力を検討中である旨表明しており,本件支援はこれを具体化したものです。

    (参考)ニジェール共和国基礎データ
     ニジェールは,面積約126.7万平方キロメートル(日本の4倍),人口1,853万人(2014年,世界銀行),人口1人当たりの国民総所得(GNI)は約430米ドル(2014年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る