報道発表

タイに対する円借款に関する書簡の交換

平成27年6月12日

  1. 1 本12日(現地時間同日),タイ王国の首都バンコクにおいて,我が方佐渡島志郎駐タイ大使と先方ソンマイ・パーシー財務大臣(Mr. Sommai Phasee, Minister of Finance)との間で,382億300万円を限度とする円借款「バンコク大量輸送網整備計画(レッドライン)(第二期)」に関する書簡の交換が行われました。

    2 案件の概要及び供与条件

    (1)案件概要

    「バンコク大量輸送網整備計画(レッドライン)(第二期)」(位置図(PDF)別ウィンドウで開く
     本計画は,バンコク首都圏において,大量輸送システムを整備することにより,増加するバンコクの輸送需要への対応と,交通渋滞の緩和及び大気汚染の改善を図り,もって地域経済の発展及び都市環境の改善に寄与するものです。今回は第二期として,全体の供与額の一部を供与します。

    (2)供与条件

    (ア)金利年0.4%(優先条件(環境・気候変動)を適用。但し,コンサルタント部分は0.01%)
    (イ)償還期間20年(6年の据置期間を含む。)
    (ウ)調達条件一般アンタイド

    (参考)タイ王国基礎データ
     タイは,面積約51万平方キロメートル(日本の約1.35倍),人口6,701万人(2013年),人口1人あたりの国民総所得(GNI)は5,370米ドル(2013年,世界銀行)


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る