報道発表

シエラレオネに対する無償資金協力に関する書簡の交換

平成27年5月20日

  1. 1 5月19日(現地時間同日),ガーナ共和国の首都アクラにおいて,我が方梅津茂シエラレオネ臨時代理大使(ガーナにて兼轄)と先方サムラ・マシュー・ウィルソン・カマラ外務・国際協力大臣(Hon. Dr. Samura Matthew Wilson Kamara, Minister of Foreign Affairs and International Cooperation)との間で,供与額5億円の無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 同国は,エボラ出血熱のため,渡航制限や貿易量の低下等が続き,財政状況が悪化しているほか,基礎インフラ整備のため資機材も不足しています。かかる状況の下,同国の経済活動は大きな打撃を受けており,今後の経済・社会活動への影響が懸念されるなど厳しい状況に置かれています。

    3 本支援は,同国の経済社会開発に係る計画等を実施するために必要な生産物及び役務の購入に充てる資金を供与するものです。

    4 本支援によって,同国の国際収支及び外貨準備高の状況を改善するとともに,貧困対策及び基礎インフラの開発に寄与することが期待されます。

    (参考)シエラレオネ共和国基礎データ
     シエラレオネ共和国は,面積約7万1,740平方キロメートル(日本の約1/5),人口610万人(2013年,国連人口基金),人口1人当たりの国民総所得(GNI)660米ドル(2013年:世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る