報道発表

リベリアに対する無償資金協力に関する書簡の交換

平成27年5月19日

  1. 1 5月18日(現地時間同日),リベリア共和国の首都モンロビアにおいて,我が方吉村馨駐リベリア大使(ガーナにて兼轄)と先方B・エリアス・ショニイン外務大臣臨時代理(Hon.B.Elias Shoniyin, Acting Minister for Foreign Affairs)との間で,供与額5億円の無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 同国では,昨年夏以降のエボラ出血熱の拡大により非常事態宣言が発出され,国内の経済活動が停滞しました。今月9日,世界保健機関(WHO)は同国のエボラ出血熱の流行について終息を宣言しましたが,引き続き,経済・社会活動への影響が懸念されています。

    3 本件支援は,同国の経済再建・復興及び貧困削減に向けた経済社会開発に係る計画等を実施するために必要な生産物及び役務の購入に充てる資金を供与するものです。

    4 本件支援は,同国の経済再建・復興及び貧困削減に資するほか,経済の安定化が図られ,もって安定した経済・社会の発展を通じた平和の定着に寄与することが期待されます。

    (参考)リベリア共和国基礎データ
     リベリア共和国は,面積約11万1,370平方キロメートル(日本の約1/3),人口430万人(2013年:国連人口基金),人口1人当たりの国民総所得(GNI)370米ドル(2012年:世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る