報道発表

エチオピアに対する一般プロジェクト無償資金協力「幹線道路軸重計整備計画」に関する書簡の交換

平成27年4月17日

  1. 1 本17日(現地時間同日),エチオピア連邦民主共和国の首都アディスアベバにおいて,我が方鈴木量博駐エチオピア大使と先方アハメッド・シデ財務・経済開発担当国務大臣(Mr. Ahmed Shide, State Minister of Finance and Economic Development)との間で,供与限度額5億9,700万円の一般プロジェクト無償資金協力「幹線道路軸重計整備計画」(案件位置図(PDF)別ウィンドウで開くに関する書簡の交換が行われました。

    2 この協力は,エチオピアに対して,全土に広がる幹線道路合計14箇所を対象に道路損傷の防止に役立つ軸重計の新設及び改修を行うものです。

    3 内陸国であるエチオピアにとって幹線道路は農産物や物資などの流通に重要な役割を果たしています。しかし,エチオピアでは首都での建設ラッシュもあり,建築資材等を過積載した車両が増加傾向にあるため,道路の損傷が早く進むことが問題になっています。さらに,損傷により悪化した道路状況によって生じる事故及び渋滞も深刻になっています。

    4 この協力により,通行車両の積載量計測の取り締まりが強化・効率化され,道路損傷の防止が図られることによる道路維持管理の向上と道路交通の円滑化を通じて,経済・社会インフラ開発ひいては社会経済発展に寄与することが期待されます。

    (参考)エチオピア連邦民主共和国基礎データ
     エチオピアは,面積109.7万平方キロメートル,人口9,173万人(2013年,世界銀行),人口1人当たりの国民総所得(GNI)470米ドル(2013年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る