報道発表

齋木事務次官とブリンケン米国務副長官の会談

平成27年2月13日

英語版 (English)

  1.  2月13日午前11時30分から約2時間,齋木昭隆事務次官は,来日中のトニー・ブリンケン米国務副長官と昼食を交えつつ会談したところ,概要は以下のとおりです。

    1 両者は,ISILに拘束されていた米国人女性の死亡や邦人殺害事件につき,互いに弔意を表すとともに,これら事件も踏まえ,国際社会とも緊密に連携して共にテロ対策に取り組んでいくことを確認しました。

    2 両者は,戦後70年である本年,日米両国が戦後和解して強固な同盟国となり,共に地域と世界の平和と繁栄に貢献してきたことを振り返りつつ,今後も日米で連携して貢献を継続していくことを確認しました。両者は安倍総理の米国公式訪問の成功に向けて協力していくことで一致しました。両者は,安全保障や経済を始め引き続きあらゆる分野で日米同盟を強化していくことを確認しました。

    3 ブリンケン副長官が訪日前に韓国及び中国を訪問してきたことを踏まえ,両者は東アジア情勢について意見交換しました。両者は,北朝鮮への対応にあたり,引き続き日米及び日米韓で連携して対応していくことで一致しました。

    4 この他,両者は,イラン核問題,ウクライナ情勢,東南アジアとの協力等についても意見交換を行い,日米協力の重要性を確認しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る