報道発表

トルコについての渡航情報(危険情報)の引き上げ

平成27年1月30日

  1. 1 トルコのシリア国境地帯においては,邦人拘束事案の取材を行う日本人記者が集結していることを示す情報がインターネット上で配信・拡散しており,同地域において日本人をターゲットとした拘束,誘拐,テロ等の危害が及ぶおそれがあり,強く懸念される状況にあります。

    2 こうした状況を踏まえ,同地域の渡航情報(危険情報)を最も厳しい「退避を勧告します。渡航は延期してください。」に引き上げました。当該危険情報を踏まえ,同地域に渡航・滞在している方は,直ちに同地域から離脱するよう強く勧告します。詳細は,危険情報を参照してください。

    (参考)危険情報
     渡航・滞在にあたって特に注意が必要な国・地域の現地情勢や安全対策の目安を4つのカテゴリー(「十分注意してください」,「渡航の是非を検討してください」,「渡航の延期をお勧めします」,「退避を勧告します。渡航は延期してください」)に分けて知らせるもの。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る