報道発表

杉山外務審議官とシャーマン米国務次官の会談

平成27年1月30日

  1.  本30日18時30分から約2時間半,杉山晋輔外務審議官は,来日中のウェンディ・シャーマン米国務次官と夕食を交えつつ会談したところ,概要は以下のとおりです。

    1 シャーマン次官から,シリアでの痛ましい邦人拘束事案に対する米国の哀悼の意が表明され,後藤健二氏の解放の重要性が強調されると共に,日本に対する連帯の意が表明されました。更に,中東地域の平和と安定のための日本の努力に対して高い評価が示され,両者は,テロに屈することなく,引き続き国際社会とともに世界の平和と安定のために協力していくことで一致しました。

    2 また,両者は日米関係について意見交換すると共に,東アジアの地域情勢についても意見交換しました。さらに,ウクライナや中東地域情勢等についても意見交換を行い,これら地域における日米連携の重要性を確認するとともに,G7等の場でも引き続き協力していくことで一致しました。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る