報道発表

ソロモン諸島に対する一般プロジェクト無償資金協力「ククム幹線道路改善計画」(詳細設計)に関する交換公文の署名

平成26年12月18日

  1. 1 本18日(現時時間同日),ソロモン諸島の首都ホニアラにおいて,我が方松本盛雄駐ソロモン大使(駐パプアニューギニア大使(兼轄))と先方マナセ・ダムカナ・ソガバレ首相(Hon. Manasseh Damukana SOGAVARE, Prime Minister of Solomon Islands)との間で,8,900万円を限度とする一般プロジェクト無償資金協力「ククム幹線道路改善計画」(詳細設計)(The Project for Upgrading of Kukum Highway(Detailed Design))に関する交換公文の署名が行われました。

    2 この計画は,同国の首都ホニアラ中心市街地とホニアラ国際空港を結ぶククム幹線道路において,既存橋梁及び道路の改善を通じた災害に強いインフラ整備を行うとともに,渋滞の緩和及び交通の安全性向上を図ることにより,持続可能な経済成長を促進することを目的としています。

    3 我が国政府は,これまで一貫して,ソロモン諸島を含む太平洋島嶼国の良きパートナーとしてこの地域に対する支援を行っており,この協力もソロモン諸島の経済発展に資する協力として実施するものです。

    プロジェクト位置図(PDF)PDF

    (参考)
     ソロモン諸島は,面積約2.9万平方キロメートル,人口約56万人(2013年)。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る