報道発表

モンゴルに対する無償資金協力(2件)に関する交換公文の署名

平成26年12月17日

  1. 1 本17日(現地時間同日),モンゴルの首都ウランバートルにおいて,我が方清水武則駐モンゴル大使と先方ルンデグ・プレブスレン外務大臣(H.E. Mr. Lundeg PUREVSUREN, Minister for Foreign Affairs)との間で,一般プロジェクト無償資金協力「日本モンゴル教育病院建設計画(詳細設計)」(1億4,100万円)及び中小企業製品を活用したノン・プロジェクト無償資金協力(2億円)に関する交換公文の署名が行われました。

    (1)一般プロジェクト無償資金協力「日本モンゴル教育病院建設計画(詳細設計)」(1億4,100万円)
     モンゴルにおける質の高い医療人材の育成及び医療サービスの向上を目的として,首都ウランバートルに教育病院を建設するための資金を供与するものです。これにより,モンゴル政府が進める首都圏及び地方における医療サービスの向上に資することが期待されます。

    (2)中小企業製品を活用したノン・プロジェクト無償(2億円)
     モンゴル政府が進めている脆弱性克服のための各種施策を実施する上で必要とされる機材を購入するための資金を供与するものです。これにより同国の経済社会開発努力の促進に貢献するとともに,我が国の中小企業が生産した製品を調達することにより,我が国の中小企業の同国への展開の足がかりとなることが期待されます。

    2 これらの協力は,モンゴルの経済社会的繁栄にとって重要であるとともに,我が国が,豊富な地下資源に恵まれているモンゴルとのより一層の友好関係を構築することは,我が国の資源やエネルギーの安定的供給確保にとっても重要な意味を持ちます。

    (参考)
     モンゴルは,国土面積156.4万平方キロメートル(日本の約4倍),人口約287万人(2013年)


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る