報道発表

マダガスカル共和国に対するノン・プロジェクト無償資金協力に関する書簡の交換

平成26年11月19日

  1. 1 本19日(水曜日)(現地時間同日),マダガスカル共和国の首都アンタナナリボにおいて,我が方細谷龍平駐マダガスカル大使と,先方ラザフィトリム・アリスー・ララ外務大臣(Arisoa Lala RAZAFITRIMO, Minister of Foreign Affairs)との間で,供与額3億円のノン・プロジェクト無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 マダガスカル共和国では2009年3月の政変に端を発する暫定政権期間中,ドナーからの支援や民間投資の減少等による経済の停滞のため国家予算が不足し,公共サービスの提供等において大きな弊害が生じています。

    3 我が国はマダガスカル共和国の民主化プロセスの進展と本年4月の新政権発足を受け,同月,同国に対する新規の二国間経済協力を再開したところ,本件協力は,同国が依然として厳しい経済状況にあることを踏まえ,同国政府による経済社会開発に向けた取組を推進する上で必要な物品の購入に充てる資金を供与するものです。

    (参考)マダガスカル共和国概況
     マダガスカル共和国は,国土面積約59万平方キロメートル,人口2,290万人(2012年,国連人口基金(UNFPA)),人口1人当たりの国民総所得(GNI)は約430米ドル(2012年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る