報道発表

ミクロネシアに対する我が国の中小企業製品を活用したノン・プロジェクト無償資金協力に関する書簡の交換

平成26年11月4日

  1. 1 本4日,東京において,我が方坂井眞樹駐ミクロネシア大使と先方ローリン・S・ロバート外務大臣(The Honorable Lorin S. Robert, Secretary of Department of Foreign Affairs, Federated States of Micronesia)との間で,1億円のノン・プロジェクト無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 ミクロネシアは,生活必需品の多くを輸入に依存しており,貿易収支は恒常的に赤字となっています。今回の協力はこのような厳しい経済状況にあるミクロネシアに対して必要な資機材を輸入するための資金を供与するものであり,これによりミクロネシアの経済社会開発努力の促進に貢献することが期待されます。また,今回の協力は,我が国中小企業の製品を供与することを通じ,ミクロネシアの経済社会開発を支援するのみならず,我が国中小企業製品に対する認知度の向上を図り,継続的な需要を創出し,我が国の中小企業の海外展開を力強く支援するものです。

    3 我が国政府は,これまで一貫して,ミクロネシアを含む太平洋島嶼国の良きパートナーとして同地域に対する支援を行っており,本件協力もミクロネシアの繁栄と安定に資することを目的として実施するものです。

    (参考)
     ミクロネシアは,面積700平方キロメートル(奄美大島とほぼ同じ),人口約10万人(2013年)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る