報道発表

オーストラリア人元戦争捕虜(POW)の招へい

平成26年10月20日

  1. 1 本10月20日から27日まで,外務省は,第二次世界大戦当時のオーストラリア人元戦争捕虜4名及びその御家族他4名の計8名を,我が国に招へいします。

    2 一行は滞在中,外務省政務レベルへの表敬を含む東京での日程に加え,広島市,直江津市及び京都市を訪問する他,各地で小学生を含む市民との交流を行う予定です。

    3 この招へいは,第二次世界大戦時の経験に起因して我が国に対し特別な感情を持つオーストラリア人元戦争捕虜及び同家族他を我が国に招へいし,和解と友好を図ることを通じて,日本とオーストラリアとの間の相互理解を促進することを目的としています。

    (参考)日豪草の根交流計画事業実績
     平成9年度から17年度まで,本件計画事業・第一次として,元POWを含む退役軍人関係者計59名を招へい(平成11年度には元POW及びその家族11名を招へい)。平成22年度から本件計画事業・第二次を開始し,毎回4~5名の元POW及び各同行者を招へい。今般の被招へい者を含めて,累積で計103名を招へい。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る