報道発表

石原外務大臣政務官のモザンビーク,ギニア,ブルキナファソ訪問

平成26年6月19日

英語版 (English)

  1. 1 6月25日から7月4日までの日程で,石原宏高外務大臣政務官は,モザンビーク,ギニア,ブルキナファソを訪問する予定です。

    2 モザンビークでは,マプトで開催される対人地雷禁止条約第3回検討会議のハイレベル・セッションで我が国を代表してステートメントを行うほか,我が国の政府開発援助(ODA)案件の現場視察及び関係者との意見交換等を行う予定です。

    3 ギニア及びブルキナファソでは,昨年の第5回アフリカ開発会議(TICAD V)及び本年5月の第1回TICAD V閣僚会合のフォローアップ等,両国との更なる連携強化を行うため,同国政府要人との会談等を行う予定です。

    (参考1)石原外務大臣政務官出張日程

    6月25日 本邦発
    26日 モザンビーク着
    28日 同発
    29日 ギニア着
    7月1日 同発
     ブルキナファソ着
    2日 ブルキナファソ発
    4日 本邦着

    (参考2)対人地雷禁止条約第3回検討会議

     6月23日から27日にかけて,マプトにおいて開催予定。対人地雷禁止条約の発効から15年間の成果を評価し,今後の課題につき議論するための5年に一度の会議。同条約の締約国は,本年6月1日現在,161か国。我が国は1998年9月30日に締結。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る