報道発表

ラオス人民民主共和国に対する円借款等に関する書簡の交換

平成25年12月15日

  1. 1 15日,東京において,日ラオス首脳会談後,安倍総理,トンシン首相の立ち会いの下,我が方岸野博之駐ラオス大使と先方アルンケオ・キッティクン外務副大臣(H.E.Mr. Alounkeo KITTIKHOUN, Vice Minister of Foreign Affairs)との間で,円借款2件及び無償資金協力2件に関する交換公文への署名が行われました。

    2 対象案件の概要

    (1)円借款

    ア「ビエンチャン国際空港ターミナル拡張計画(Vientiane International   Airport Terminal Expansion Project)」(供与限度額:90億1,700万円)
     ラオスの首都ビエンチャンの同国際空港において,国際線旅客ターミナルビルの拡張,国内線旅客ターミナルビルの新設等を行うものです。
    供与条件は以下のとおり。

    (ア)金利: 0.7%
     注:コンサルティング部分は年0.01%
    (イ)償還期間: 30年(10年の据置期間を含む。)
    (ウ)調達条件: 一般アンタイド

    イ「第9次貧困削減支援オペレーション(Ninth Poverty Reduction Support Operation)」(供与限度額:5億円)
     ラオス政府が進める制度改革(公共財政管理・社会セクター開発)を支援することにより,政策改革の推進及び我が国を含めたドナーとの政策対話の促進を図るものです。
    供与条件は以下のとおり。

    (ア)金利: 0.01%
    (イ)償還期間: 40年(10年の据置期間を含む。)
    (ウ)調達条件: 一般アンタイド

    (2)無償資金協力

    ア「地方開発と貧困削減のための不発弾除去の加速化計画(Project for   Acceleration of UXO Clearance for Rural Development and Poverty Eradication)」(供与額:8億6,400万円)
     不発弾除去作業のうち灌木除去工程に機械化を導入し,作業の効率を高めると共に,地方における除去作業の拠点となる前進基地を整備し,併せてモデル地域においてこれらの運用の支援を行うものです。

    イ「国道16B号線セコン橋建設計画(詳細設計)(Project for Construction of Sekong Bridge on NR16B in the Southern Region of Laos (Detailed Design))」(供与限度額:8,400万円)
     セコン川への橋梁建設により,安定的な交通の確保を図り,国際物流の活性化,周辺地域の経済発展及び沿線住民の利便性の向上を図るものです。

    (参考)

     ラオス人民民主共和国は,面積約24万平方キロメートル,人口約630万人(2011年),人口一人当たりのGNI(国民総所得)は1,260ドル(世界銀行,2012年)


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る