報道発表

イスラエル・パレスチナ合同青年招へい参加者による岸外務副大臣表敬

平成25年11月15日

英語版 (English)

  1. 1 本15日午前10時20分から約30分間,岸信夫外務副大臣は,10日から訪日中のイスラエル・パレスチナ合同青年招へい一行(イスラエル人5名,パレスチナ人5名)による表敬を受けました。

    2 岸副大臣から,本招へいのようにイスラエルとパレスチナの方々を合同で招き,経験を共にするプログラムは他においても例が少ないユニークな取組であり,より多くの方々に日本の地を踏んでもらうべく今年から招へい人数を10人に倍増した旨紹介した上で,今回日本で過ごした一週間で得た経験と信頼を平和で繁栄した未来を築くために活用してほしい旨述べました。

    3 参加者からは,こうした有意義なプログラムを用意していただき感謝している,今回のプログラムを通して,素晴らしい経験を日本で積むことができた,実際に来てみて良く分かったが,東日本大震災等の苦難を乗り越え発展する日本のような国は世界でも類を見ないなどの発言がありました。

    4 以上のほか,岸副大臣は参加者との間で東アジア情勢や日本経済などについて意見交換を行いました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る