報道発表

鈴木外務副大臣とアバーディー・イラク国会財務委員長との会談

平成25年9月13日

英語版 (English)

  1.  9月13日午前10時45分から約30分間,鈴木俊一外務副大臣は,外務省の招へいにより来日中のハイダル・アル・アバーディー・イラク国会財務委員長(H.E. Dr. Haider Al Abadi, Chairman of Finance Committee of the Iraqi Council of Representatives)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 鈴木副大臣より,現在イラクが様々な課題を抱えている中,我が国は国民和解と政治・民主化プロセス進展を目指すイラク政府・国民の努力を引き続き支援していく旨を述べました。これに対し,アバーディー委員長より,日本政府による多大な支援に感謝する,ハイレベルの交流を通じて,二国間関係を発展させていきたい旨を述べました。

    2 鈴木副大臣より,我が国は,2003年のマドリッドでの国際会議で約束した50億ドルを超える額の支援を達成し,こうした我が国による一連の支援が着実に成果を挙げ,イラクの社会・経済発展と日・イラク経済関係の更なる発展に資することを強く希望する旨,また,エネルギーやインフラ分野等,イラク国内のビジネス・チャンスに対する日本企業の関心は高く,日本政府としては引き続き日本企業の対イラク進出を支援していく旨を述べました。これに対し,アバーディー委員長より,日本企業のイラク進出が加速し,エネルギーやインフラ分野等で日本企業が活躍することを期待する旨を述べました。

    3 以上に加え,政治・文化・教育面での二国間関係の拡大,イラク国内情勢,シリアを始めとする地域情勢等についても意見交換を行いました。

    【参考】
     アバーディー財務委員長は9月11日から9月15日まで,外務省の招へいにより訪日中。滞在中,政府関係者(外務省,財務省,経済産業省),国会議員,日本企業関係者等と会談を実施。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る