報道発表

西村特派大使のコスタリカ大統領就任式出席

令和4年5月10日
チャベス新大統領表敬

 西村康稔特派大使(衆議院議員/日・コスタリカ友好議員連盟幹事長)は、5月6日から9日にかけてコスタリカ共和国を訪問し、ロドリゴ・チャベス大統領(H.E. Mr. Rodrigo Chaves Robles, President of the Republic of Costa Rica)就任式典に我が国特派大使として出席し、コスタリカ要人や各国要人と会談したところ、概要は以下のとおりです。

  1. 5月8日、西村特派大使は、首都サン・ホセ市の国会本会議場で行われたチャベス大統領就任式に日本政府を代表して参列しました。就任式には、フェリペ6世・スペイン国王陛下を始めとした、多数の要人が出席しました。続いて、旧税関においてチャベス新大統領に対する各国代表団長による表敬挨拶が行われ、西村特派大使が新大統領に祝意を表しました。
  2. 5月9日、西村特派大使はチャベス新大統領を表敬し、岸田文雄内閣総理大臣からの祝意を伝達する親書を手交するとともに、チャベス新政権との間で、引き続き、日・コスタリカ間の良好な二国間関係及び国際場裡における協力関係を強化していきたい旨述べ、現下のウクライナ情勢及び東アジア情勢に関する我が国の立場について説明しました。同表敬にはアルノルド・アンドレ新外務大臣(Dr. Arnoldo André, Minister of Foreign Affairs and Worship of Costa Rica)も同席し、チャベス大統領は、総理親書、特派大使の来訪を歓迎しつつ、これまでの日本からの支援に感謝を述べた上で、平和国家であるコスタリカは、国際社会の平和と安定を重視しており、日本と立場を共有する旨述べつつ、アジア・太平洋諸国、とりわけ日本との経済連携の強化は優先課題であり、日本からの投資・インフラ・環境・デジタル分野を含めて、日本との関係強化に取り組んでいきたい旨述べました。
  3. アンドレ新外務大臣への挨拶 アンドレ新外務大臣への挨拶  
  4. 大統領就任式に先立ち、5月6日、アリアス新国会議長(Mr. Rodrigo Arias, President of the Congress)との会談を行い、ロシアのウクライナ侵攻や東アジア情勢を踏まえ、平和に向けて連携することについて一致したほか、西村特派大使からは、2022年3月に再結成した日・コスタリカ友好議員連盟の幹事長として、両国の議員交流を活性化させ、日本・コスタリカの更なる関係強化に努める旨述べました。また、7日には、アルバラード前大統領(Mr. Carlos Alvarado, former President of the Republic of Costa Rica)を表敬したほか、ソラーノ前外務大臣(Mr. Rodolfo Solano Quirós, former Minister of Foreign Affairs and Worship of Costa Rica)主催の大統領就任式参加各国代表団に対するレセプションに出席しました。
  5. 滞在中、西村特派大使は、大統領就任式関連行事において、イバン・ドゥケ・マルケス・コロンビア共和国大統領、ルイス・ロドルフォ・アビナデル・コロナ・ドミニカ共和国大統領、ラウレンティーノ・コルティソ・コーエン・パナマ大統領、ヴィヨサ・オスマニ・サドリウ・コソボ大統領、ディナ・バルアルテ・ペルー副大統領、アルフレド・ボレロ・エクアドル副大統領、フェリックス・ウジョア・エルサルバドル副大統領、マリオ・ブカロ・グアテマラ外務大臣、アントニア・ウレホラ・チリ外務大臣、エルバ・ペレス・キューバ科学技術大臣、ロサ・ロドリゲス・メキシコ治安・市民保護大臣、アンドレ・ペレス・ベリーズ海洋経済・航空大臣、ミゲル・カルドナ・米教育長官等の各国代表団長と懇談し、これらの国々との二国間関係強化につき意見交換しました。

報道発表へ戻る