報道発表

茂木大臣によるオスマニ・コソボ大統領表敬

令和3年7月23日
茂木大臣によるオスマニ・コソボ大統領表敬
茂木大臣によるオスマニ・コソボ大統領表敬
茂木大臣によるオスマニ・コソボ大統領表敬

 7月23日、午後4時35分から15分間、茂木敏充外務大臣は、東京オリンピック競技大会開会式に出席するために訪日中のヴィヨサ・オスマニ・サドリウ・コソボ共和国大統領(H.E.Dr. Vjosa Osmani-Sadriu, President of the Republic of Kosovo)を表敬したところ、概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭、茂木大臣から、オスマニ大統領の初めての訪日を歓迎しつつ、日本はコソボ独立以降、地域の平和と安定、経済発展を一貫して支援してきており、今次訪日を契機に、二国間関係の更なる強化に期待する旨述べました。オスマニ大統領から、東京大会が開催されることは素晴らしい、成功を祈っている旨述べるとともに、日本のこれまでの継続的な支援への謝意とともに、日本をこの地域における戦略的パートナーとして両国関係の更なる発展への期待が表明されました。
  2. 茂木大臣から、日本は、基本的価値の下で結束する欧州を支持しており、「西バルカン協力イニシアティブ」の下、コソボのEU加盟に向けた改革を今後も支援していく旨述べました。また、茂木大臣とオスマニ大統領は、地域情勢及び地域の平和と安定の鍵となるセルビア・コソボ間の対話の進展の重要性についても意見交換を行いました。
  3. 双方は、拉致問題を含む北朝鮮への対応についても協力していくことで一致しました。

報道発表へ戻る