報道発表

チリ共和国大統領就任式典への塩谷特派大使の派遣

平成30年3月6日

    1. 本6日,我が国政府は,3月11日にチリ共和国の首都サンティアゴ及びバルパライソ市において行われるセバスティアン・ピニェラ・エチェニケ新大統領(H.E. Dr. Sebastián Piñera Echenique, President-elect of the Republic of Chile)の就任式典に,塩谷立衆議院議員を特派大使として派遣することを決定しました。
    2. 我が国とチリは,伝統的に友好関係を維持・発展させており,昨年は外交関係樹立120周年を迎えました。このような両国の良好な関係を更に緊密にすべく,塩谷議員を特派大使に任命の上,同式典に派遣することとしました。
    [参考]
    チリでは,2017年12月17日に行われた大統領選挙決選投票において,ピニェラ候補が勝利。ピニェラ次期大統領は,2010年~2014年に大統領を務め,2010年及び2012年に訪日している。

関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る