報道発表

コートジボワールに対する無償資金協力2件に関する書簡の交換

平成28年11月4日

  1. 1 11月3日(現地時間同日),コートジボワール共和国のアビジャン市において,我が方川村裕駐コートジボワール大使と,アブダッラー・アルベール・トワケス・マブリ外務大臣(S.E.M. Abdallah Albert Toikeusse MABRI, Minister of Foreign Affairs)との間で,以下2件の無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    (1)食糧援助(供与額:2億円)
    (2)経済社会開発計画(供与額:2億円)

    2 各案件の概要は以下のとおりです。

    (1)食糧援助(供与額:2億円)
    この協力は,コートジボワールの食糧及び栄養上のニーズのある人々に対し,小麦等の食糧を供与することにより,同国の食料安全保障の改善に寄与します。TICAD VIにおいて,我が国はアフリカの食料安全保障の促進に貢献していく旨表明しており,この協力はこれを具体化したものです。

    (2)経済社会開発計画(供与額:2億円)
    この協力は,我が国で製造された治安対策機材等(生体認証システム機材等)を供与することにより,治安・維持能力向上を図り,もってコートジボワールの経済社会開発及び日本企業の海外展開の支援に寄与します。この協力は2014年1月の日・コートジボワール首脳会談の際に発出された共同声明における「安定と経済成長の好循環を実施し,貿易・投資を呼び込む好例の方策」の一環として実施するものです。また,TICAD VIにおいて,我が国は平和で安定したアフリカの実現に貢献していく旨表明しており,この協力はこれを具体化したものです。

    [参考]
    コートジボワールは,面積約32.2万平方キロメートル(日本の0.9倍),人口2,270万人(2015年,世界銀行),人口1人当たりの国民総所得(GNI)は約1,410米ドル(2015年,世界銀行)。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る