報道発表

スリランカに対する無償資金協力「キリノッチ上水道復旧計画」に関する書簡の交換

平成27年8月14日

  1. 1 本14日(現地時間同日),スリランカのコロンボにおいて,我が方菅沼健一駐スリランカ大使と先方プリヤンタ・ラトナヤケ政策立案・経済・児童・青年・文化省外国援助局長(Mr. Priyantha Rathnayake, Director General, External Resources Department, Ministry of Policy Planning, Economic Affairs, Child, Youth & Cultural Affairs)との間で,2012年3月6日に書簡を署名・交換済みの無償資金協力「キリノッチ上水道復旧計画」(The Project for Rehabilitation of Killinochchi Water Supply Scheme)(6億7,700万円)について,不発弾の発見を受けた安全対策費用の増加等の事情から,供与の限度額を9億2,500万円に変更することに関する書簡の交換が行われました。

    2 案件の概要
    本件計画対象地である北部州キリノッチ県では,長年行われていた国内紛争により県内唯一の上水道施設が損壊し,現在稼動していません。そのため,帰還民を含むキリノッチ県の住民の多くが給水車や井戸水等に依存し,十分な水利用ができない状況です。本計画は,国内紛争により破壊・損傷したキリノッチ町及び周辺地域への上水供給機能を復旧することにより,安全な水へのアクセスを図り,もってスリランカの後発開発地域の開発支援に寄与するものです。

    今回の協力により,現在上水道が稼働していない対象地域において,2018年には10,600人が上水道を利用できるようになる見込みです。また,安全な水が安定的に供給されることにより,衛生状態が改善されるとともに,国内避難民の帰還が促進されることが期待されます。

    (参考)
    スリランカはインド洋に位置する国であり,面積約6万5,607平方キロメートル(北海道の約0.8倍),人口2,048万人(2013年,スリランカ中央銀行)であり,人口1人当たりの国民総所得(GNI)は約3,400米ドル(2014年,世界銀行)。
     

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る