報道発表

ボンセイ・ビソット・カンボジア首相特使の岸田外務大臣表敬

平成26年5月23日
(写真1)
(写真2)
 本23日,午前11時30分から25分間,来日中のカンボジア王国のボンセイ・ビソット首相特使(カンボジア最高国家経済評議会副委員長)(H.E.Vongsey Vissoth, Special Envoy of Samdech Prime Minister Hun Sen, Deputy Chairman of Supreme National Economic Council) は,岸田文雄外務大臣を表敬しました。
1.
岸田外務大臣より,昨年首脳間で,両国関係を「戦略的パートナーシップ」に格上げし,近年日本企業の進出により両国の経済関係も発展しており,これらを契機に幅広い協力を推進したい旨述べました。また,現在選挙改革支援ミッションがカンボジアを訪問中であり,与野党間の協議が再開され,協力して諸改革及び国作りに取り組むことを期待する旨述べました。更に,来年のASEAN共同体構築に向け,カンボジアの連結性の強化や格差是正に向けた取組を引き続き支援する旨述べました。
2.
これに対し,ボンセイ・ビソット首相特使は,日本政府が,和平プロセス以来,過去20年間にわたり多大な支援を行ってきていることに感謝申し上げる,両国の戦略的パートナーシップの下,両国の相互利益を図っていきたい旨述べました。また,カンボジアは,2030年の中高所得国を目指し,産業の近代化を図る方針であり,実現のため日本の官民双方による協力を得たい旨述べました。更に,日本から選挙改革支援ミッションを派遣したことに感謝を伝えるとともに,選挙改革は政治的安定,ひいては経済成長をもたらすために重要であり,現在与野党は情勢打開に向け交渉中である旨述べました。

報道発表へ戻る