報道発表

対日理解促進交流プログラム「JENESYS2021」日中高校生オンライン交流の開催について

令和4年3月7日

 3月15日、「JENESYS2021」の一環として、日中高校生オンライン交流を開催します。

  1. 開催概要は、次のとおりです。
  • (1)名称:対日理解促進交流プログラム「JENESYS2021」日中高校生オンライン交流
  • (2)実施日:2022年3月15日(火曜日) 15時~17時30分
  • (3)参加者:
      ア 中国・北京師範大学附属実験中学 高校生10名(予定)
      イ 日本・成進高等学校 高校生10名(予定)
  • (4)内容:互いの学校・学校生活や地域の紹介、グループ交流など
  1. 本交流では、オンラインで開催される「第14回アジア国際子ども映画祭」に参加する中国の高校生が、日本の高校生との間で動画等による相互紹介を中心とした学校交流を実施します。
  2. 本交流を通じて、コロナ禍の下で対面での交流が叶わない中、日本と中国の高校生がオンラインを通じた相互理解と友好促進を図ります。
(参考1)対日理解促進交流プログラム「JENESYS2021」

 日本とアジア大洋州の各国・地域との間で、対外発信力を有し、将来を担う人材を招へい・派遣し、政治、経済、社会、文化、歴史、外交政策等に関する対日理解の促進を図るとともに、親日派・知日派を発掘し、日本の外交姿勢や魅力等について被招へい者・被派遣者に積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し、我が国の外交基盤を拡充することを目的とする。

(参考2)事業実施団体

報道発表へ戻る