報道発表

日・イラン外相電話会談

令和元年7月3日

 本3日,午後6時から約35分間,河野太郎外務大臣は,モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ・イラン・イスラム共和国外務大臣(H.E. Dr. Mohammad Javad ZARIF, Minister of Foreign Affairs of the Islamic Republic of Iran)との間で日・イラン外相電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1.  河野大臣から,核合意を支持する我が国の立場を説明しつつ,今般イランが低濃縮ウランの貯蔵量が核合意の上限を超過したことについて懸念を伝達し,核合意の遵守を強く働きかけました。
    2.  これに対し,ザリーフ外務大臣から,核合意をめぐるイラン側の立場について説明がありました。
    3.  両外相は,中東情勢について率直な意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る