報道発表

コーフマン「ブネイ・ブリス」会長一行による佐藤外務副大臣表敬

令和元年5月14日

  • コーフマン「ブネイ・ブリス」会長一行による佐藤外務副大臣表敬(握手)
  • コーフマン「ブネイ・ブリス」会長一行による佐藤外務副大臣表敬(懇談)
  • コーフマン「ブネイ・ブリス」会長一行による佐藤外務副大臣表敬(全体)

 本14日午後4時30分頃から約30分間,佐藤正久外務副大臣は,訪日中のチャールズ・コーフマン「ブネイ・ブリス」会長(Mr. Charles Kaufman,President, B’nai B’rith International)一行の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1.  佐藤副大臣から,杉原千畝が勤務した外務省で一行を迎えることができて嬉しく思うと述べた上で,ブネイ・ブリスによる外務省の青少年交流事業である「カケハシ・プロジェクト」への協力に謝意を述べました。
    2.  コーフマン会長から,表敬の機会に感謝するとともに,「カケハシ・プロジェクト」は非常に優れたプログラムである旨発言がありました。
    3.  その後,双方は,日米関係や地域情勢等について意見交換を行いました。

     (参考)カケハシ・プロジェクト
      日本と北米地域との間で,対外発信力を有し将来を担う人材を招へい・派遣する事業。このプロジェクトの中で,ユダヤ系米国人を対象とした招へいを実施しており,2019年2~3月には,ブネイ・ブリスを実施団体として12名の大学院生・社会人を訪日招へいした。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る