報道発表

サーロー節子氏による辻外務大臣政務官表敬

平成30年12月5日

  • サーロー節子氏による辻外務大臣政務官表敬
  • サーロー節子氏による辻外務大臣政務官表敬
  • サーロー節子氏による辻外務大臣政務官表敬

 本5日午後5時から約20分間,辻清人外務大臣政務官は,カナダ在住の被爆者で,昨年12月にICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のノーベル平和賞受賞式に出席したサーロー節子氏による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1.  冒頭,辻政務官から,サーロー氏が長年にわたり被爆の実相を世界に伝える活動に取り組まれてきたことに心からの敬意を表したい旨述べました。また,唯一の戦争被爆国として,核兵器のない世界に向けた取組をリードしていくことは,我が国の確固たる方針である旨述べました。
    2.  サーロー氏から,政府への要望書を辻政務官に手渡すとともに,日本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める旨発言がありました。辻政務官からは,市民社会との対話や若い世代の関心を高めていくことの重要性を始め,日本政府の核軍縮に関する取組について説明しました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る