報道発表

日・エジプト外相間戦略対話

平成30年10月5日

  • 日・エジプト外相間戦略対話
  • 日・エジプト外相間戦略対話
  • 日・エジプト外相間戦略対話

 本5日午後6時20分から約1時間40分間,河野太郎外務大臣は,訪日中のサーメハ・シュクリ・エジプト・アラブ共和国外務大臣(H.E.Mr.Sameh Shoukry, Minister of Foreign Affairs of the Arab Republic of Egypt)と戦略対話を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1.  河野大臣から,シュクリ大臣の訪日を歓迎し,日・エジプト関係及び国際場裏での協力について以下のとおり発言しました。
      (1)日本が中東外交を推進していく上で,エジプトは必要不可欠なパートナーであり,エジプトが地域の安定のために果たしている役割を高く評価している。
      (2)エジプトとの協力では,初等教育での日本式教育導入校が35校開校したことを歓迎したい。また近くアズハル大学のタイイブ総長を招いて暴力的過激主義対策や教育に関し協議したい。
      (3)エジプトは来年のAU議長国。明日からのTICAD閣僚会合,来年のTICAD首脳会合に向け,エジプトとは様々な分野で,対アフリカ協力を推進したい。来年8月に横浜で開催するTICAD7へのエルシーシ大統領の出席をお願いしたい。
      (4)安保理改革や軍縮・不拡散の分野など国際場裏での協力も引き続き連携したい。
    2.  これに対し,シュクリ大臣から,エジプトの最近の治安情勢や経済改革について説明した上で,以下のとおり発言がありました。
      (1)日本とエジプトの長きにわたる友好関係に基づき,戦略対話を通じ二国間関係をさらに発展させたい。両国が関心を有する国際問題について協議を行うことは重要なことである。
      (2)日本からの観光客の増加と貿易投資の拡大を期待している。
      (3)教育分野をはじめ,日本がエジプトの人材育成や経済改革に支援を行っていることに感謝する。2020年の開館を目指す大エジプト博物館に関する日本の支援にも感謝している。エルシーシ大統領も日本の支援を高く評価し,友人たる日本の協力を重視している。
    3.  その後,両外相は,中東和平問題やリビア,シリア情勢を含む中東アフリカ情勢について率直な意見交換を行いました。
       また,両外相は,北朝鮮情勢についても意見交換を行い,朝鮮半島の非核化に向け,引き続き,安保理決議の完全な履行を確保することの重要性を確認しました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る