報道発表

日中平和友好条約署名40周年に関する日中両国首脳・外相間の祝電の交換

平成30年8月12日

    1.  安倍晋三内閣総理大臣と李克強(り・こくきょう)中国国務院総理,河野太郎外務大臣と王毅(おう・き)中国国務委員兼外交部長は,日中平和友好条約署名40周年記念日にあたる本12日,祝電を交換しました。
    2.  それぞれの祝電において,両国首脳及び外相は,日中平和友好条約の署名・締結以来40年間の日中関係の発展を評価するとともに,現在の関係改善の流れを踏まえつつ,両国の協力を深化させ,日中関係を更に発展させていくとの決意を表明しています。
        安倍晋三内閣総理大臣発李克強中国国務院総理宛祝電(PDF)別ウィンドウで開く
        李克強中国国務院総理発安倍晋三内閣総理大臣宛祝電(仮訳)(PDF)別ウィンドウで開く
        河野太郎外務大臣発王毅中国国務委員兼外交部長宛祝電(PDF)別ウィンドウで開く
        王毅中国国務委員兼外交部長発河野太郎外務大臣宛祝電(仮訳)(PDF)別ウィンドウで開く

     【参考】2008年の日中平和友好条約締結30周年(10月23日の条約締結日)の際には,麻生太郎内閣総理大臣(当時)と温家宝(おん・かほう)国務院総理(当時),中曽根弘文外務大臣(当時)と楊潔篪(よう・けつち)外交部長の間で祝電を交換している。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る