報道発表

堀井学外務大臣政務官とブリリャンテ・ディアス・ポルトガル外務省
国際化担当副大臣との会談

平成30年1月30日

  • 堀井学外務大臣政務官とブリリャンテ・ディアス・ポルトガル外務省国際化担当副大臣との会談
  • 堀井学外務大臣政務官とブリリャンテ・ディアス・ポルトガル外務省国際化担当副大臣との会談
  • 堀井学外務大臣政務官とブリリャンテ・ディアス・ポルトガル外務省国際化担当副大臣との会談
 1月29日午後6時40分から約30分間,堀井学外務大臣政務官は,訪日中のエウリコ・ジョルジ・ノゲイラ・レイテ・ブリリャンテ・ディアス・ポルトガル外務省国際化担当副大臣(H.E. Mr.Eurico Jorge Nogueira Leite Brilhante Dias, Secretary of State for Internationalization, Ministry of Foreign Affairs of Portuguese Republic)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。
    1. 堀井学政務官から,ブリリャンテ・ディアス副大臣の訪日を歓迎するとともに,ポルトガルと我が国は,海洋国家同士であり,基本的価値を共有する重要なパートナーである旨述べました。また,我が国は,国際的な影響力を有するポルトガル語圏諸国共同体(CPLP)との協力を重視しており,CPLPのオブザーバー国としてポルトガルと緊密に連携したい旨述べました。さらに,日本企業の対ポルトガル投資の増加を歓迎し,ポルトガルで活動する日本企業に対する支援を得たい旨述べました。
    2. これに対して,ブリリャンテ・ディアス副大臣から,両国は,歴史的に古い友好関係にあり,政治・外交関係のみならず,経済関係をより深化していきたい旨述べました。また,日本企業の投資は質が高く,日本企業によるポルトガルへの投資を高く評価している旨述べました。
    3. その他,両者は,日EU・EPA発効による二国間の経済関係の強化,EU情勢,北朝鮮問題,その他国際場裡における協力等につき,意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る