報道発表

岸田外務大臣によるハシナ・バングラデシュ首相表敬

平成26年5月26日
写真1
写真2

 本26日午後4時7分から約20分間,岸田文雄外務大臣は,公賓として来日中のシェイク・ハシナ・バングラデシュ人民共和国首相(H.E. Sheikh Hasina, Prime Minister of the People’s Republic of Bangladesh)を表敬したところ,概要は以下のとおりです。

1.

冒頭,岸田大臣から,本年3月にバングラデシュを訪問した際,ハシナ首相及びアリ外相から温かい歓迎を頂いたことについて改めて謝意をお伝えしたい旨述べた上で,今回の訪日を心から歓迎する旨述べた。

2.

これに対し,ハシナ首相より,岸田大臣の3月のバングラデシュ訪問は大成功であった,3月の訪問時に自分の訪日につき招待いただいたのを受けて今般日本を訪問することとなった,バングラデシュは日本にとって長年の友人であり,今回,日本を再度訪問することができ大変嬉しい,バングラデシュは,過去長年にわたり日本から支援を頂いた,日本政府及び日本国民に対し,深甚な謝意を表明したい旨の発言があった。また,本日の安倍総理との会談を心から楽しみにしている旨の発言があった。

3.

これを受け,岸田大臣より,本日の安倍晋三内閣総理大臣との首脳会談が有意義なものとなることを希望する,両国の友好な関係が一層強化されるよう,今後とも,同席のアリ外相と共に協力していきたい旨述べた。


報道発表へ戻る