報道発表

中根外務副大臣とロガル・スロベニア外務副大臣との会談

平成29年11月20日

英語版 (English)

  1.  本20日(現地時間同日),ミャンマー連邦共和国で開催されているASEM第13回外相会合に出席中の中根一幸外務副大臣は,アンドレイ・ロガル・スロベニア共和国外務副大臣(Mr. Andrej LOGAR, State Secretary, Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Slovenia)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1. 中根副大臣から,本年は日・スロベニア外交関係樹立25周年であり,両国の対話は緊密になっており喜ばしい,スロベニアはEUと西バルカンの架け橋であり,日本はスロベニアとの関係を重視している旨述べました。
      これに対し,ロガル外務副大臣から,日・スロベニア関係はこの数年政治面及び経済面で拡大しており,引き続き協力を深めていきたい旨述べました。
    2. また,中根副大臣から,「自由で開かれたインド太平洋戦略」,北朝鮮情勢,「法の支配」に関する日本の考え方を説明し,理解を求めました。
      これに対し,ロガル外務副大臣から,日本の立場を支持する,特に北朝鮮については,対話のための対話ではなく,我々には行動が求められている旨述べました。
    3. さらに両者は西バルカン情勢についても意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る