報道発表

高村大臣主催在京アフリカ大使との意見交換会について(結果)

平成20年3月11日
  1. 3月11日(火曜日)、高村正彦外務大臣は、在京アフリカ大使を飯倉公館に招いて、夕食会を兼ねた意見交換会を主催した。本意見交換会には、小野寺五典外務副大臣、中山泰秀外務政務官をはじめとする外務省関係幹部に加え、坂根政弘経団連サブサハラ地域委員長(小松製作所会長)他も参加した。
  2. 高村外務大臣、小野寺副大臣、中山政務官は、各テーブルをまわり、TICADⅣと北海道洞爺湖サミットの意義を積極的に説明した。高村外務大臣よりは、国会等の事情が許せば自分もガボンにおけるTICADⅣ閣僚級準備会議に出席する予定である旨発言した。これに対し在京アフリカ大使からは、まず、このような会を設けて頂き感謝する、として謝意が表明された。また、TICADⅣ及び北海道洞爺湖サミットに対する高い期待が表明されたほか、我が国よりのアフリカへのさらなる投資の増大を望むとの希望が伝えられた。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る