報道発表

トンガに対する無償資金協力「マイクログリッドシステム導入計画」に関する交換公文の署名

平成25年3月21日

    1.  本21日(現地時間同日),トンガ王国の首都ヌクアロファにおいて,葉室和親駐トンガ日本国大使とトゥイバカノ・トンガ王国首相兼外務貿易大臣兼防衛大臣兼情報通信大臣(Lord Tu'ivakano, Prime Minister, Minister for Foreign Affairs and Trade, Minister for Defence, and Minister for Information and Communication)との間で,15億7,300万円を限度とする無償資金協力「マイクログリッドシステム導入計画」に関する交換公文の署名が行われました。
    2.  トンガは,温室効果ガスの排出削減とエネルギー安全保障の向上という二つの命題に対処するため,トンガ・エネルギー・ロードマップ2010-2020を策定しており,太陽光発電設備の導入を図るなどしているところ,政策目標を達成するために,さらなる再生可能エネルギーの導入が見込まれています。しかしながら,太陽光,風力等による電力を大量に導入した場合には安定的な電力供給が難しく,また,電力系統の周波数が変動するため,電力の品質を維持することが困難となります。この計画は,このような状況を踏まえ,太陽光発電モジュール,蓄電設備及びマイクログリッドコントローラーの整備を行うものです。
    3.  この協力により,再生可能エネルギーの出力変動を抑え,電力系統の安定化が図られます。これにより,トンガ・エネルギー・ロードマップ2010-2020の目標達成に貢献することが期待されます。
    4.  我が国政府は,これまで一貫して,トンガを含む太平洋島嶼国の良きパートナーとして,同地域に対する支援を行っており,この協力もトンガの繁栄と安定に対する日本の協力として実施するものです。なお,この協力は,我が国の2013年以降の気候変動対策に関する途上国支援の一環であり,我が国としては,すべての国による公平かつ実効性のある国際枠組みの構築に向け,気候変動分野においてもトンガと引き続き連携していきます。

    (参考1)
     トンガは,2020年までに電力供給の50%を再生可能エネルギーで賄うという政策目標を2009年に閣議決定しており,同政策目標を実現するための指針としてトンガ・エネルギー・ロードマップ2010-2020を策定しています。

    (参考2)
     トンガは,面積720平方キロメートル(対馬とほぼ同じ),人口約10万人(2011年)。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る