記者会見

茂木外務大臣臨時会見記録

(令和元年9月23日(月曜日)22時20分 於:米国・ニューヨーク(キタノホテル))

英語版 (English)

冒頭発言

【茂木外務大臣】9時からですね,ライトハイザー通商代表と協議を行いました。協議自体は1時間かからなかったんですけれど,終わった後,ちょっと雑談でですね,いろいろ思い出話をしたので若干時間が延びたということです。日米貿易交渉について,今日で交渉はすべて終わりました。終了です。明後日,首脳会談でですね,良いセレモニーができると,こんなふうに思っております。合意した内容につきましては,首脳会談で確認した後,速やかにですね,発表させていただきたい。こんなふうに思っております。

質疑応答

【記者】今日,会談の内容でいちばん時間を割いたところ,話し合ったこと,その中で決まったことを教えてください。

【茂木外務大臣】そんなに時間がかかったことないんですけれど,まあやっぱりあの,共同声明等々についてですね,詰めることがあったので,単純に一つ一つ確認をとるというだけでですね,今日交渉したというよりも,確認した作業ということです。

【記者】明日,明後日は,閣僚協議はやらないということで。

【茂木外務大臣】やりません。

【記者】首脳会談なんですけれども,協定そのものには署名はされるんでしょうか。

【茂木外務大臣】明後日は,よいセレモニーになる,こんなふうに思っているところでありますが,今,膨大な作業,これを進めている,まあこういうところでありまして,9月末のですね,協定の署名を目指す,こういう目標からそんなに遅れていない,そんなふうに考えているところでありまして,最終的には署名をして,さらには,それぞれが国内プロセスを経て早期に発効させる,大切なことは早期にこの合意した内容を協定にして発効させるということでありまして,そういったプロセスからいうと極めて順調に進んでいる,こんなふうに思ってます。

【記者】今日,共同声明について,ライトハイザー代表とお話をされたと思うんですけども,232条による追加関税の発動回避については,今日の協議でどのような話になったのでしょうか。

【茂木外務大臣】それも含めて,内容については,首脳会談が終わりましたら,速やかに発表させていただきます。

【記者】農産品の関税に関しては,かねてから過去の経済連携協定の範囲内にするとおしゃってますけれども,今日もその方向で議論されたという感じでよろしいでしょうか。

【茂木外務大臣】もう議論してません。それは。はい。

【記者】確認,全体としてはと。あと,米の無課税の輸入枠に関して今日話されたのでしょうか。

【茂木外務大臣】してません。

【記者】早期に合意という方向性の話があったと思うんですけれども,日本としては,秋の国会にぜひ出していきたいという方向でよろしんでしょうか。

【茂木外務大臣】早期に合意ではなく,早期に発効というふうに申し上げたと思うんですけども,まさに申し上げたとおりです。できるだけ早期にそれぞれが国内プロセスを,国内的な手続きを終えて,発効したいということで一致をしております。

【記者】大臣先ほど,交渉はすべて終わったというふうにおっしゃいましたけれども,確認なんですが,8月25日で交渉がすべて終わったというよりも,今日交渉が終わったという感じなんでしょうか。

【茂木外務大臣】どう言ったらいいのか,私とライトハイザー代表の間で言いますと,8月23日ということでありますけれど,23日で主要項目について,意見の一致を見た、リーチコンセンサス。今日はアグリーをしたということです。

【記者】先ほど大臣のご説明の中でですね,首脳会談での最終的な署名の後に,国内プロセスを経て発効とおっしゃってましたけども,その国内プロセスに,リーガルスクラブも含まれると考えてよろしいんでしょうか。

【茂木外務大臣】細かいことを申し上げるつもりはないですけども,一般的に国内プロセスというのはですね,それぞれがやる中で,日本でいいますと,協定であったら,国会に提出をして,そしてそれを国会で承認をいただく,これが国内プロセスの中ではいちばん大きな手続きになると思ってます。

【記者】先ほど,終了後にライトハイザー代表と思い出話をしたということでしたが,具体的にどういった雰囲気だったのか,どういったお話をされたのかをご紹介いただけますか。

【茂木外務大臣】とってもよい雰囲気でした。ちょうど去年の9月ですね、このニューヨークでこの日米貿易交渉を開始をすることを決めたわけでありまして,それからちょうど1年だったなと、お互いにやはりスタッフも含めて精力的に誠実に協議を進めてきた結果が今日に繋がっているのだと、こんな話をしました。

【記者】国内手続きを主に国会での承認をと仰いましたけれども、例えばライトハイザー代表との間で、国内プロセス、日本でいう国会の承認を得てから何日後に発効するかとか、そういったスケジュール的なものは一致なさったのでしょうか。

【茂木外務大臣】今日は話をしてませんが、明後日内容については説明をさせていただきます。

【記者】今日で交渉は終わりということですが、昨年の9月に日米で合意している第二段階として想定されている貿易及びその他の投資に関する事項ですが、これに関する交渉というのはどのようになっているのでしょうか。

【茂木外務大臣】明後日説明させていただきます、きちんと。

【記者】自動車についての追加関税ということはないという理解でよろしいですか。

【茂木外務大臣】先程の質問とほとんど同趣旨なんですけれど,明後日きちんと説明をさせていただきますが、心配するような内容にはならないと思います。

このページのトップへ戻る
記者会見へ戻る