記者会見

河野外務大臣会見記録

(平成30年12月11日(火曜日)13時39分 於:本省会見室)

英語版 (English)

冒頭発言

外交史料館所蔵史料の検索サービス

【河野外務大臣】12月10日,外交史料館の所蔵史料のインターネット検索サービスを開始するに至りました。外交史料館のホームページにアクセスすることによって,幕末から戦後まで,史料の情報をキーワードや多様な検索条件で調べることができるようになりました。
 また,明治150年事業の一環として,外交史料館が所蔵している幕末・明治・大正期の日本が受け取った国書・親書のデジタル化を実施し,検索システム上でそれらの画像を閲覧できるようになりました。
 日本内外でこうした史料を自由に見ることができるようになりました。全部で外交史料館が保有する幕末から戦後の史料10万8千件について,史料件名などのキーワード,移管日,外交記録公開日などで検索することができるようになります。インターネットに接続しているパソコン,タブレット,スマホ何でもできるようになっていると思います。
 また,現在外交史料館,平日のみ開館しておりますが,何とか来年度から土曜日も開館できるように人件費,その他来年度の予算で要求中でございますので,なるべく早く,本当は土日やりたかったのですけれど,取りあえず土曜日の開館を目指していきたいと思っているところでございます。

英国でEU離脱協定案の採決延期

【NHK 奥住記者】英国のEU離脱協定案について伺います。11日に予定されていた英国議会での採決が延期になりましたけれども,この受け止めと,今後どのように進んでいくことが望ましいとお考えか教えてください。

【河野外務大臣】投票延期というのを聞いて少々驚いているところでございます。やはり相当支持に関しては厳しいのかなあというふうに思っておりますが,いずれにしましても,我が国として合意なき離脱に至らないように,英国あるいはEUに強く求めてまいりたいと思います。このブレグジットに関して,やはり予見可能性,そして法的安定性というのが英国にいる日系企業にとってなくてはならないものでございますので,そうしたものがきちんと維持・確保できるように,英国側,EU側,それぞれにご努力をお願いしたいと思っております。

米国独自の対北朝鮮制裁

【朝日新聞 清宮記者】アメリカの財務省が,北朝鮮労働党の副委員長らを制裁対象にすると発表し,人権問題などを理由にしていますが,その受け止めと日本としての対応を教えてください。

【河野外務大臣】米国が北朝鮮の人権について様々考慮しているということは,これまでも米国とのやり取りの中で承知をしているところでございます。日本としては,拉致問題あるいは核・ミサイルの問題を解決するために,何が日本として最適なことか,しっかりと考えながら対応していきたいと思っておりますし,米国とは引き続き,緊密に連携していきたいと考えているところでございます。

来年度外務省予算

【共同通信 福田記者】19年度予算の折衝が大詰めを迎えていますけれども,外務大臣の外国訪問を始め,足腰予算の重要性について,改めてお願いします。

【河野外務大臣】これだけ国際化が進んでいる中で,やはり外務大臣もそうですし,外務省職員がやはりしっかりと動けるだけの予算というものが必要になってくると思います。様々,戦略的なパートナーシップあるいは様々な国と政策対話というものがしっかりと積み上がってまいりましたので,そのための旅費を始めとする実務的な予算の必要性というのは,これは説明するまでもないと思っております。
 また来年度は,TICAD,G20,即位の礼といった様々な国際的な行事がある中で,その受入れもきちっとこれはやっていかなければなりませんので,G20とか即位の礼というのはややワンショットの予算要求になるかと思いますが,やはりこれからの外交をしっかりとやるために,どうしても必要な分というのはしっかりと財務省に理解をしていただいて,予算を積み上げていく必要性があろうかと思いますので,それは一生懸命この数日間,努力をしてまいりたいと思います。

日露関係

【時事通信 越後記者】日露関係について伺います。先日,ラヴロフ外務大臣が日露平和条約の締結について,第二次世界大戦の結果を認めることを意味すると,日本が認めることが最初の一歩になるというような発言をされていますけれども,この発言に対する大臣の受け止めをお願いします。

【河野外務大臣】次の質問どうぞ。

【読売新聞 梁田記者】今のに関連して伺います。大臣,国会答弁等でも日露関係については交渉に資することはないので,発言は一切控えるというふうにおっしゃってますけれども,今のように,ロシア側ではラヴロフ外相,ペスコフ報道官等々,いろいろな原則的立場の表明があります。これに対して反論を公の場でするおつもりもないということでよろしいんでしょうか。

【河野外務大臣】次の質問どうぞ。

【共同通信 田中記者】引き続き,関連の質問なんですけれども,大臣は良い環境を整備したいということで,発言をこれまで抑制的あるいは抑えてこられたと思うんですけれども,一方でロシア側からは,どんどんこれまでとおりの発言が出てきます。こういった端から見たらアンバランスな状況が,実際の協議にも影響を与えるという懸念もあると思うんですが,その点に関してはどうお考えでしょうか。

【河野外務大臣】次の質問どうぞ。

【共同通信 斎藤記者】大臣,何で質問に「次の質問どうぞ」と言うんですか。

【河野外務大臣】次の質問どうぞ。

ゴールデンウィーク10連休の外務省の体制

【テレビ朝日 安西記者】来年5月のゴールデンウィーク,10連休についてお伺いします。海外旅行客が増えると思うんですけれども,外務省の体制,これどのように考えていくのかというのが一つ。それと同時に,先ほど大臣もおっしゃっていた,来年はTICAD等々国際行事,G20もありますけれども,外務省の職員の働き方改革というところでどういうふうに対応していくのか,その二つお願いします。

【河野外務大臣】来年の10連休というのは,多分かつて9連休というのが年末年始か何かに一回あったんじゃないかと思っておりますが,多分10連休というのは初めてのことなのだろうと思います。それだけの期間,休みが続きますから,当然,海外へ行こうという方が増えるだろうと予測しておリます。是非,「たびレジ」への登録など,安全確保のための努力をまずそれぞれ,お一人お一人にしっかりやっていただかなければなりませんから,外務省として海外に行くための「たびレジ」の登録というのはきちんとお願いをしたいと思っております。また,在外公館もその期間,邦人が事故・事件に巻き込まれることがないように,しっかりとした対応を取っていきたいと思います。
 来年は,TICADに,G20に,即位の礼に,ラグビーのワールドカップで様々な国の閣僚もいらっしゃるというような話もございますので,そうした大きな国際的な事業の受入れに関して,外務省もかなり人的に切羽詰まる状況になろうかと思っておりますので,今,その対応策を様々検討しているところでございまして,少し今までのやり方を超えたところで対応していかなければいけない部分もあろうかと思いますので,今,鋭意,検討しているところでございます。
 財政面では財務省といろいろやり取りをしておりますが,人的な対応のところについて,もうしばらく猶予をいただいて,恐らく年明けになってしまうかもしれませんが,どこかの段階で,こういうことをやりたいということを発表したいと思います。

日露関係

【毎日新聞 秋山記者】先ほど来,ロシアの質問に「次の質問どうぞ」というふうに回答されていますけれども,大臣の従前のお立場というのは我々も分かってますけれども,公の場での質問に対して,そういうご答弁をされるというのは適切ではないんじゃないでしょうか。どう思われますか。

【河野外務大臣】交渉に向けての環境をしっかりと整えたいと思っております。

このページのトップへ戻る
記者会見へ戻る