外務報道官談話

ウクライナのサウチェンコ飛行士の解放について(外務報道官談話)

平成28年5月26日

英語版 (English)

1 5月25日,ウクライナのサウチェンコ飛行士が解放されたことを歓迎します。

2 「全ての捕虜・被拘束者の解放」はウクライナ情勢の平和的解決に向けたミンスク合意の重要な柱の一つであり,今回の解放は同合意の履行の前向きな一歩です。

3 我が国は,ウクライナ情勢の改善のために,全ての当事者によるミンスク合意の完全履行が不可欠であると考えており,引き続き情勢の平和的解決に向け尽力していきます。

(参考)サウチェンコ飛行士の勾留をめぐる経緯
2014年7月から,ロシアはウクライナ側の義勇軍の一員であったナジーヤ・サウチェンコ飛行士(女性)を拘束。2016年3月,露裁判所は,ロシア人ジャーナリスト2名を殺害したとして,同飛行士に対し22年の禁固刑等を科す「有罪判決」を宣告していたが,同年5月25日,ウクライナで拘束されていたロシア軍人2名との交換により解放された。

このページのトップへ戻る
外務報道官談話へ戻る