外務報道官談話

ミャンマーにおけるロイター記者の恩赦について
(外務報道官談話)

令和元年5月7日

英語版 (English)

  1.  我が国は,国家機密法違反により拘束中であったロイター通信のミャンマー人記者2名が,本7日,ミャンマー政府の恩赦を受け,釈放されたことを歓迎します。
  2.  我が国は,報道の自由を含む普遍的な価値は,いかなる国においても尊重される必要があるとの考えのもと,ミャンマー政府に対し,本件に関する適切な対応を働きかけてきました。
  3.  我が国は,ミャンマーにおける民主的な国造りの更なる進展を期待します。

 [参考]
 ロイター通信のミャンマー人記者ワ・ロン氏とチョウ・ソー・ウー氏の2名は,ラカイン州に関する重要な治安関連文書を不正に入手していたとして,平成29年12月にミャンマー警察に逮捕された後,懲役7年の有罪判決を受け,拘束されていた。


このページのトップへ戻る
外務報道官談話へ戻る