アメリカ合衆国

米国議会日本研究グループ訪日議員団一行による安倍総理大臣表敬

平成30年2月19日

 本19日,午後2時10分頃から約20分間,安倍晋三内閣総理大臣は,訪日中の米国議会日本研究グループ訪日議員団一行による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

1 安倍総理大臣から,訪日を歓迎するとともに,北朝鮮情勢をはじめ,地域の安全保障環境は一層厳しさを増している中で,日米の絆をますます強固なものとするため米国議員の協力を得たい旨述べました。

2 これに対して,出席議員から,訪日の受け入れに感謝する,日本社会をより深く理解する上でこのような訪問は有意義である旨の発言がありました。

3 また,双方は日米関係や地域情勢について意見交換を行いました。

[参考1]米国議会日本研究グループ

  • 日本を関心対象とする1993年創設の超党派議員グループ。75名程度の現職連邦上下両議員が在籍。
  • 各種講演会や勉強会の実施を通じて,議会における対日理解促進,米国議会と日本との人脈を構築する活動を行う。

[参考2]表敬した米国議会議員一行

  • ダイアナ・ディゲット下院議員(共同議長)(民主党・コロラド州)
    (Representative Diana DeGette, United States Congresswoman)
  • ビリー・ロング下院議員(共同議長)(共和党・ミズーリ州)
    (Representative Billy Long, United States Congressman)
  • ビル・フローレス下院議員(共和党・テキサス州)
    (Representative Bill Flores, United States Congressman)
  • アンディー・ハリス下院議員(共和党・メリーランド州)
    (Representative Andy Harris, United States Congressman)
  • マーク・ポーカン下院議員(民主党・ウィスコンシン州)
    (Representative Mark Pocan, United States Congressman)
  • ルー・コレア下院議員(民主党・カリフォルニア州)
    (Representative Lou Correa, United States Congressman)
  • ヴィセンテ・ゴンザレス下院議員(民主党・テキサス州)
    (Representative Vicente Gonzalez, United States Congressman)

このページのトップへ戻る
アメリカ合衆国へ戻る