アメリカ合衆国

薗浦外務副大臣とポール・サレム中東研究会(MEI)上級副部長他との意見交換

平成28年12月19日

14日,薗浦健太郎外務副大臣は,訪日中のポール・サレム中東研究会(MEI)上級副部長,イアン・ゴールデンバーグ新アメリカ安全保障センター(CNAS)シニアフェロー及びジュリー・フィッシュマン米国ユダヤ人協会(AJC)政治アウトリーチ部長と意見交換を行ったところ,概要以下のとおりです。

  1. 薗浦副大臣から,一行の訪日を歓迎する,日本の中東政策は「中庸が最善」の考え方に基づくものである,中東地域情勢等についても引き続き日米で協力していきたい旨発言しました。
  2. 薗浦副大臣及び一行は,中東和平,中東地域情勢,エネルギー問題など,幅広い分野について意見交換を行いました。

関連リンク

このページのトップへ戻る
アメリカ合衆国へ戻る