在外公館

平成26年度現地職員本邦研修の実施(概要と評価)

平成26年10月29日

英語版 (English)

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

1 概要

(1)10月19日から10月26日まで,我が国の在外公館で活躍する60名(注1)を対象とする研修が外務本省等において実施されました。現地職員は,我が国の外交,特に在外公館の活動を展開する上で欠かせない貴重な戦力ですが,今般研修の参加者60名は,約5,200名の現地職員の中から,特に成績優秀と認められ選考された職員です。
 (注1)アジア地域14名,大洋州地域3名,北米地域8名,中南米地域8名,欧州地域15名,中東地域5名,アフリカ地域7名,計60名

(2)本研修では,外務本省関係局課による様々な講義(注2)や都内近郊視察研修が行われました。20日には,研修参加者60名は城内外務副大臣を表敬し,城内副大臣からねぎらいと励ましの言葉がありました。
 (注2)官房,領事,広報文化,我が国の外交政策,国際法,日本経済等に関する本省幹部,職員及び外部講師による講義

2 評価

(1)本研修に参加した現地職員が,在外公館の各種業務に関する制度や方針について理解を深め,また我が国に関する最新の知識・情報を直接見聞したことにより,館務への更なる貢献,ひいては在外公館の活動の更なる強化につながることが期待されます。

(2)また,こうした研修の実施は,参加した現地職員の育成にとどまらず,外交の最前線で活躍する全ての我が国在外公館現地職員のインセンティブを高め,日々の精勤への励みになることからも,在外公館の活動の更なる活性化が期待されます。


このページのトップへ戻る
在外公館へ戻る