外務副大臣・外務大臣政務官

逢見直人日本労働組合総連合会会長代行による阿部外務副大臣来訪

令和元年7月23日

  • 逢見直人日本労働組合総連合会会長代行による阿部外務副大臣来訪

 7月23日午後2時から約15分間,阿部外務副大臣は,逢見直人日本労働組合総連合会(連合)会長代行による来訪を受けたところ,概要は以下のとおりです。

  1.  冒頭,逢見連合会長代行から,G20大阪サミットの際の協力を含め,連合の活動に対する外務省の協力に謝意を表した上で,G20首脳宣言に盛り込まれた内容の着実な実施等についての要請があり,要請書及び「2020年度連合の重点政策」(2019年7月~2020年6月)が手渡されました。その後,ディーセント・ワークの推進,責任ある企業行動の促進,持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取組,ILO総会で採択された「仕事の世界における暴力とハラスメント」に関する条約などの外務省に関係する要請事項について説明を受けました。
  2.  これに対し,阿部副大臣から,連合と外務省との人事交流の深化に期待を示すとともに,G20大阪サミットへのL20からの有益な提言に謝意を表し,連合からの要請事項について,関係者と共有しながら検討していきたい旨述べました。

このページのトップへ戻る
外務副大臣・外務大臣政務官へ戻る